商い

​史料館

SHIRYOKAN

​AKINAI

 

―――それは、まるでタイムスリップ。

あなたにとっての「懐かしい」

わたしにとっての「不思議」

一歩、館内へと踏み入れれば、

明治から昭和までを彩った日用雑貨たちが

​あなたを出迎えてくれます。

 

​「商い史料館」とは?

明治から昭和にかけて使われていた様々なモノたち。

激動の時代の中で生きた人々の暮らしぶりを、モノは教えてくれます。
商売道具,販促物,印刷物・・・戦争によって失われる前の日本の暮らしや、
その後、高度成長を経て、現代に至るまでを支えたこれらから、
各時代の背景と実直さまでも汲みとることができます。
商い史料館は、明治から現代までの空気を、
モノを通じて肌で感じることのできる史料館となっています。

 
 

館長・佐野さんのおきにいり

日露戦争当時の水兵の制服

佐野さんのおじい様が、

水兵として実際に着用していた制服。

 
​館長・佐野学さんより

ここ商い史料館は、その時代を生きてこられた方から見たら「懐かしい」場所で、
それはもうはしゃいで喜んでいただけます。
また学生さんのような若い人からは「不思議」なモノと感じられるでしょう。
大切なのは、そこから先に何を見るか、でしょうか。
昔のモノには相応の歴史や背景があり、人々の暮らしぶりさえ窺えます。
だからこそ私は、学校で経済や歴史などを学んだ学生さんに是非お越しいただきたいと思っています。

現代の高度に成熟した品々と照らし合わせ、過去より長きにわたって研究してきた開発者の直向きさと、呼応し利便と快適をニーズとする消費者との関わりから、連続性と共通項を感じていただいて、先人への畏敬の念とともに、未来へのヒントにつなげて欲しいと願っています。

 

インタビュー…2017年07月06日    執筆者…尾崎亜実    
メンバー…井川裕揮、佐久間智紀、榊原良晃、寺尾拓真

​予約方法

見学には、以下の番号より電話予約が必要になります。

電話番号:0562-33-4105

開館時間:10:00~17:00

休館日:不定休

予約:要予約・無料

定員:人数最大5名まで

​アクセス

住所:〒477-0037

愛知県東海市高横須賀町浅間5-1

 

東海市デジタルマッププロジェクトは、

日本福祉大学・地域研究プロジェクトにより

管理・運営されています。

Tokai Project is managed by

Regional reserach project in Nihon Fukushi University.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

キャラクターデザイン:半田里緒

ホームページ協力:岩田美羽・羽田直生・竹内パーシャ

​(インタビュー記事の執筆者は、各記事の下段に記載)

問合先(日本福祉大学経済学部 遠藤秀紀)

e-mail: nfu.tokai.pro@gmail.com